葬式

葬儀の事前イメージを合わせが大切です

斎場で葬儀を営んだ事がある方なら誰しも経験した事があるのが、親族が亡くなった時に、どこでどのような葬儀を営むべきかを急に決めなければならないと言う焦りでしょう。
病院で家族が亡くなると、悲しむ間もなく、病院の方から、お迎えはいつ頃にりますかと問われるのが一般的です。病院としては、霊安室に長くご遺体を置くのが余り良しとしていないからでしょう。葬儀社等に迷っていると、ご紹介しましょうかとまで言われる事も少なくないのです。

 

どの様な葬儀とするのか、またどれくらいの費用が掛かるのかは、この最初の葬儀会館を選ぶ時に決まってしまう要素が大きいのです。
何名ほどの親族や友人に連絡し、どの程度の規模の葬儀を想定するのか、そしてその想定の下に、一般の葬儀会館で営むのか家族葬会館で営むのかと言った事で、費用は大きく異なるのです。
家族等が亡くなった時に、病院から急かされながら遺族で相談して、こうした点を決めるのは非常に焦りを感じ、大変なのです。

 

従って、高齢者が居られるような場合には、その方が元気な間に、高齢の方の意向や家族間の意見・イメージを合わせて置く事が大切です。
これさえ事前に出来ていれば、葬儀を営むに当たって不安な事は沢山あるでしょうが、葬儀社の担当の方が色々と教えて下さるので、何とかなるものです。何事も最初が大切という事です。