葬式

お葬式の香典について

ライフイベントで度々起こるのが、今まで親しくしていた人が亡くなってしまった経験は一度や二度に限らずあるはず。
特に悩まさられるのは、香典に幾ら包めば良いのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。日本人社会では他人とかけ離れた行動をするのは、悪いことと捉われがちでありますが、何で周りの
人達とその度に同調しないといけないのかと疑問に感じている人も多いはず。
仮に、故人と色々とお世話になった場合は、さじ加減を考え周りの人とは別に行動するのもひとつの手であります。
香典には、故人との関係により相場がありますが常識とかけ離れていなければ、何も他人と合わせる必要は無いというのが私見でもあります。
要は気持ちなので他人に流される必要はありませんし、返って香典の相場が皆して同じなのは気味悪いなと感じたりもします。
どうしても、周りと合わせないといけない環境であれば、葬式とは別な日に手土産などを持参するのもひとつの方法かもしれません。